高専生活最後の高専祭展示のアイディアを考えた

はじめに

弊学は毎年11月の初めに高専祭(文化祭)が開催され,今年は11月2日(土),3日(日)にあります.クラス展示は割と頑張って,3年と4年の時は弊クラスが金賞を取ることができました.

3年はモデリングした弊学を舞台にシューティングゲームを,4年はレースゲームを作りました.

www.slideshare.net

tomy.hatenablog.jp

 

今年は5年生なので,「学科展示」となります.なので弊学の情報システムコースを代表できるような展示を目指したいですよろしくおねがいします.

クラスで展示案を出した

放課後にmtgしました.今年もゲーセンという方向っぽいです.

 3年と4年の時の反省点は,クオリティを追い求めすぎて回転率が悪かったことです.そこで今年は,複数のゲームを作ってバラエティ高めに.より多くの人が遊べるようにしたいと考えました.

考えてる展示物

放課後mtgで色々ゲーセンにある物や作りたいものを挙げ,作るものを決めました.

めっちゃ豪華です.このうち自分が担当するのが「電子エアホッケー」「UFOキャッチャー」「プリクラ」になります.

電子エアホッケー

ゲーセンにあるエアホッケーは一対一で台の上のパックを打ち合いますが,これをUnityで作れないかと考えました.

展示イメージとしては,でかいモニターを横にして台に見立て,マウスでスマッシャー(っていうそうです)を操作して対戦させようと考えました.

Unityの物理演算使ったら動作自体は1日あれば作れるレベルなのですが,対戦させるときの入力方法が厄介で,マウス2台はちょっと厳しいかもしれません(UnityのInputManagerが対応して無いかも).

そもそもPCにマウス2つ繋げること自体滅多にないので…

場合によってはプレステコントローラーに変えて別のゲームにするのも考えようかと思います

↓↓ということで完成イメージ↓↓

UFOキャッチャー

普通のUFOキャッチャーを展示しようとしたらガッツリ機械や制御周りをしないといけないのですが,僕は情報系(+ちょっと電子制御)なので無理です.そこで,UFOキャッチャーをまるまるUnity3Dにしちゃいます.運よく過去にUFOキャッチャーのUnityミニゲームを作ったことがあるのでそれでゲーム部分を作っていこうと思います.

また,ボタンはReviveUSBで繋いだ専用スイッチにします.ReviveUSBは去年一昨年も使った,電気的な入力をキーボード入力とかに変換してくれる神デバイスです.

そしてさらに,景品をゲーム上で落としたらリアルで景品が出てくる機構を作れないか考えました.

 

 電子工作のプロに尋ねると,シリアル通信でArduinoに命令送ってモーターとかの制御ができそうです.

文献もあるっぽい.

qiita.com

そして機械科の友人に今日良い感じに景品落とせる機構ってある?と聞くとシリンダなんちゃらとかコンベアとか色々教えてもらいましたが,安価ですむのは「リンク機構」らしい.

f:id:tomy0331:20190630010924g:plainこんなの

これでアメとかを置いて押し出したら良い感じ落ちそう.

↓↓ということで完成イメージ↓↓

プリクラ

ゲーセンに他に何あるっけ...? と考えて唐突にプリクラ!って出てきました.ちなみに僕は家族以外でプリクラしたことないし昔なのでどんなものか知りません.調査で一度やろうと思いますが・・・・・・・・

Webカメラで撮影し,UnityのGUIでお絵描きとかスタンプ押せるようにします.最近Unityでアイコンアップロード時のトリミング機能の実装とかして多少の知見を得たので画像処理行けるんじゃね?って思ってたらできるっぽかった.

qiita.com

OpenCVは学校の実験でちょっとだけやったことあるし,卒業研究で画像処理やってるクラスメイトもいるので不可能ではなさそう.

次にプリった写真の渡し方ですが,印刷機はコストがかかるのでデータでお客さんに渡そうと思いました.そこで,生成した画像を一度サーバーサイドにアップロードし,画像へアクセスするURLを発行.そしてQRコードを生成してお客さんのスマホからアクセス,画像をダウンロードするようにしようと考えました.なお,一度ネットを介して写真が渡るので同意は取る必要があります.また画像は発行から5分後にDB上から削除するようにするなどの対策も必要です.

↓↓ということで完成イメージ↓↓

まとめ

ここに書いたのは現時点での思い付きのアイディアですし,実現できるかはわかりませんがとりあえず理想を書いて後から削る,というやり方が結局良いので現時点ではこれを目指そうと思います.あと余裕があれば(たぶんないけど)もっとゲーム作りたいです.折角高専モデリングデータがあるので活用したいです.

あと実現方法やアイディアなどは「こういうのだといいんじゃない」みたいな提案バシバシ投げてくれるとめっちゃうれしくなります.オタクの知識には信頼性があります.

高専祭まであと4ヶ月ですが頑張ろうと思います対戦よろしくお願いします.

【Unity】uGUIでページコントロールUIの作成

はじめに

Unityを使ったアプリ開発で,ページコントロールと呼ばれるUIの実装をする機会がありました.インターネットで検索してもUnityでの実装は見当たらなかった(そもそもマテリアルUI設計があまり情報がない)のでその記録.

なお,私はUnityに関してあまり体系的に学んできてない(自力で作ったりして学んだ)ような人間なので効率が悪い作り方かもしれません.

ページコントロールって?

スマホのアプリを始めて開いた時に最初の機能説明で良く出るアレです.

f:id:tomy0331:20190518122922p:plain 
 画像引用:https://nvtrlab.jp/blog/jb/ios_ui_component.html


ボタンを押したりスライドすることで次のページに遷移し,UIの丸がそれに合わせて色が変わっていきます.

実装

UIパーツの設置

Canvasに以下のようにUIパーツを作成していく.PageControllerは後でスクリプトをアタッチさせる親オブジェクトで,circleがそれぞれの丸画像です.circleの一つ目だけColorの透過率(a)を100に設定しています.

f:id:tomy0331:20190518124441p:plain

f:id:tomy0331:20190518124509p:plain

スクリプト

次に,PageControllerUI.csを作成してPageControllerオブジェクトにアタッチします.

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class PageControllerUI : MonoBehaviour {
  private List<Image> Circles = new List<Image>();
  private int pageCount=0;

  void Start() {
    //子要素である丸画像を取得
    foreach (Transform childTransform in this.transform) {
      Circles.Add(childTransform.gameObject.GetComponent<Image>());
    }
  }
  public void pageCountUP() {
    if (pageCount == Circles.Count-1) {
      Debug.Log("最後のページです");
      return;
    }
    pageCount++;
    Circles[pageCount - 1].color
      = new Color(255.0f/255.0f, 255.0f / 255.0f, 255.0f / 255.0f , 100.0f / 255.0f);
    Circles[pageCount].color
      = new Color(255.0f / 255.0f, 255.0f / 255.0f, 255.0f / 255.0f, 255.0f / 255.0f);
  }
}

 

ボタンの適用

そして「次へ」ボタンを押すとpageCountUPを呼び出すように設定すればボタンを押す→ページコントロールのボタンの色が変わっていく...というようになります.

念のため,ページ数を超える呼び出しがされるとDebug.Logでそれを伝えるメッセージを出力しています.

f:id:tomy0331:20190518132155g:plain

使用例

ボタンに対する動作として,アニメーションや機能説明のテキスト・画像変更をするとそれっぽくなりましたね.

f:id:tomy0331:20190518134153g:plain

課題

このスクリプトは,子オブジェクトの丸画像をいくつ配置しても動作しますが,一々手作業しないといけないのでさらに汎用性を高めるにはinstantiateで自動生成もできるとよさそうです.

また,透過度を直接変えることで遷移を表現していますが,アニメーション機能を使って違う表現の仕方をする場合全く異なる実装になるかと思います.

平成最後のハッカソンに参加した話

はじめに

サイバーエージェントが主催する「平成最後のハッカソン」に参加しました.

www.cyberagent.co.jp

ツイッターで流れてきて参加を決意(行動は早いオタクなので),メンバーを集めようと思い,知り合いの高専生を誘いました.メンバーと開発担当は以下.

  • 僕(北九州高専5年):Unityクライアントサイド開発
  • カメラさん(久留米高専5年):Unityクライアントサイド開発
  • hmdさん(徳山高専4年):サーバーサイド開発
  • ぽちゃま君(木更津高専4年):サーバーサイド・セキュリティ担当

私たちはイベントの一か月ほど前からチームを組みました.ソロでエントリーする場合,お題発表・チーム発表のある開催11日前までじゃないとわかりません.この時点で他のチームと比べてアドがあったと思います(ツイのオタクでよかった・・・)

エントリーではESのように過去のアウトプットなど書きました.何かしらの開発経験は前提みたいです.なおエントリーは余裕があったはずなのに僕以外の3人は期限ギリギリまで粘り(粘るってなんだよ)滑り込みになっていました.行動が早くても社会性がない・・・

完成品

先に中身知っていただいたほうが読みやすいと思うので動画を貼っておきます.

nitcac · GitHub

 イベント当日まで

アイディア出し

事前に平成にまつわる何かがお題になると言われていました.この時点で私たちは元号のクイズだとか,歴史ゲームとか少しずつ構想を練っていました.

そして開催11日前に「平成生まれの私たちが、平成を楽しく振り返ることができるサービス/モノ」がお題だと発表されました.当初考えていたものをそのまま作ることができるお題で,「楽しく」という部分で僕が得意とするゲーム開発(エンターテインメント寄り)にできるなと思いました.また,Unityクライアントを触れるのが二人いたためミニゲームを沢山作って物量で攻めるというコンセプトにもしました.

開発

・AR元号発表

平成最後のハッカソンの一週間ほど前に,ハックツの変態ハッカソンにカメラさんと一緒に出ており,そちらでARを使ったゲームを作りました.その際学んだ技術を持ち込みたいと思い「ARで元号発表をするゲーム」を最初に作りました.UnityにはVuforiaというAR開発環境をインポートしマーカーに元号の額縁が現れるようにしました.ゲームには音楽を流しリズムに合わせてプレイヤーにマーカーを掲げてもらいます.ちょこっと音ゲー開発で使われるBPM制御周りのプログラムも作りました(音ズレの対処はできなかったけど).

・平成Q

上から降ってくる出来事を平成の前期か後期かを振り分けるゲームです.たまに平成じゃない昭和の出来事もありスルーする必要もあるゲームです.動画を見てお気づきの方もいるかもしれませんが,NEWスーパーマリオブラザーズボム兵ミニゲームインスパイヤしています.あれ好き.

・平成タワーバトル

カメラさんが開発担当したゲームです.平成にまつわるものが降ってきます.

最初アイフォンやラジカセなど四角いものばかりで本家みたいな面白さが出なかったみたいなのですが,僕が「小島よしおや世界のナベアツなど,芸人を使うのはどうだろうか」と提案したところめちゃくちゃよくなりました.あと僕の趣味で月ノ美兎も入れてもらった.

イベント当日

朝4:45に起きて飛行機で羽田へ.サイバーエージェントの新オフィスであるアベマタワーズへ行きました.めっちゃきれいでした.

当日の時点でクイズゲームはほぼ完成,ARゲームもメインの動作はできており,あとはそれぞれの完成度を上げ,ミニゲーム同士を統合する作業のみでした.とはいえ,当日の開発時間は午前10時から午後4時までと余裕は無く,発表用のデモ動画・スライド作成なども考慮しないといけません.かなりギリギリの滑り込みで提出できました(動画は締め切り5分前提出だった).

f:id:tomy0331:20190502002159j:plain
メンバーの写真


他チームは普通にお茶とかなのにうちのテーブルだけおかしい

発表

2分という短い時間で動画1本流すだけという形式になってしまいましたが,視覚的な訴えとボリューム感を伝える上ではよかったかもしれません.ARが一番ウケていた.

結果

23チーム中,3位という大成果を上げることができました.正直,他に良いプロダクトがあったように感じていたため驚くとともにうれしかったです.

さいごに

良かったこと

全体的にプロダクトのレベルが本当に高かったです.何度かハッカソンやアプリコンテストは参加経験がありますがその中でも一番で,東京そしてCAという場の凄さを感じました.
 短い期間内で作ったものとは思えず,冗談抜きでどのプロダクトも地方のハッカソン,さらには一年スパンのコンテストでも入賞取れるような作品ばかりでした.3位を頂いたのでこう言ってると自画自賛みたいになっちゃいましたが,だからこそこの結果に非常に驚きであり嬉しく感じ,刺激を受けました.

反省点

複数あるので箇条書きにします.

  • 折角フロントとバックの開発体制があったのに,サーバーありきのゲームを作れなかった(対戦形式など).
  • 開発の全体像を把握して,タイムキーパーのようにメンバーに適切なタスクを提案できなかった(妥協点や切り替えなど).
  • サーバーサイドの知識があまりなく,使いこなせなかった.しっかり実装してくれたhmdさんに申し訳ない.
  • ミニゲームを複数作るというコンセプトが安直で,見栄えの良さはあったものの,あっと言わせるアイディアを出せなかった.アイディア(主にAR)とクオリティの総合点で3位ということかもしれないが,突出しているわけではなかった(アイディアが凄い or 技術がエグイというチームは沢山あった).
  • ARゲームの難易度.マーカーを掲げるタイミングや左右の指示が初見では分かりにくかった.開発者が一番そのゲームが得意になってしまうということを常に意識しないといけない.

おまけ

・飛行機のタイムラプス

 

hmdさんの描くもりくぼがかわいい

 

・にじくじ復活はよ()

 

・令和カウントダウンはVtuberのライブ視聴

 

・絵師100人展最高すぎた

 

・お疲れさまでした!!!!

 

東京でインターンなどで3泊したレポ【エイチーム】【サイバーエージェント】

3月になって学校でも(最低限の)進路指導があって周りも就活の話題が出るようになってきました.

3月の7~10日に東京で3泊4日した話を簡単にしようと思います.

どこいった?

エイチーム1dayインターンシップ

概要

エイチームはゲームなどのエンタメの他、引越し侍や自転車ECなど色々な事業を行う総合IT企業です.名古屋に本社があってオフィスがおしゃれでなんかブランコもあるみたいです(?)

www.a-tm.co.jp

エイチームはCodesprint 逆求人で面談して知りました.インターンは書類選考のみでした.

インターンの内容は3人1チームでゲームのAIを実装しスコアを競え!というもの.名古屋・大阪・東京開催のどれかというものですが,東京にしました.この時注意することはプログラマコースは交通費が支給されません.デザイナーコースは交通費が出るのにって理由を問い合わせると,「デザイナーコースは名古屋開催のみで,プログラマコースは各地の行きやすい場所に参加してもらうため」ということでした.福岡住みには少しきつかったですが結果的にサイバーエージェントの交通費支給でどうにかしました.

内容

詳細は書けませんが、2D盤面上で対戦するシューティングのプレイヤーAIを実装しスコアを競うというものでした.

Unityでガッツリ実装というよりかは、与えられたAPIC#でコーディングのみ行ってAIの制御をするロジカルなルールです。競プロじゃん~~と思い僕はできるか不安でしたが,同じチームの方とペアプロをして見事4位/12チームという結果を残せました.

参加者は主に工業系大学生・大学院生やゲーム系専門学校の学生で高専生は自分のみでした.感じたことは,コーディングそのものの力量は大学生とも互角にやりあえる(ほんまか?)ということでした.これはイキリで,大学生は基礎知識・研究がしっかりしてるので総合力は負けます.しかし実際に手を動かすことが多い高専生はその部分を就活でアピールができるかなーと感じました.

モバイルファクトリー オフィス訪問

こちらの企業もCodesprint逆求人でお会いした企業です.駅メモが有名なプロダクトでしょうか.百人未満の社員数で一部上場してるので驚きです.

www.mobilefactory.jp

魅力的なのがエンジニアの勉強会が従業時間に一時間含まれていること,アウトプット文化が盛んなこと,福利厚生が恐ろしいほど充実していること,黒字経営を続けていることなどです.

オフィスはとてもフラットでエンジニアの方も会話を交えつつ活発にお仕事されてるという印象でした.あと休憩スペースの本棚にVティークがあって言及しようかと思っちゃった(オタクなので).この時選考面接も行いました.

NAVITIME会社説明会

サポーターズに登録すると毎秒会社説明会の案内がメールで来るんですけど丁度いい時間を探したらこの企業があったので軽い気持ちで生きました.3000円もらえるので.

 

知ってる人も多いとは思いますが交通案内のサービスやその他カーナビ,観光関連もしている企業です.「初任給:大学卒〇万,大学院卒〇万」とあり高専生はどうなるか疑問だったため説明会終了後に担当者に聞くと「高専卒は採用してません」って言われました(??????????????????????).

びっくりしたというか学歴で採用してないは分かるんですが,サポーターズに高専卒と登録した上で自動メールシステムで案内が来ているわけで,こういうことが起きたのはサポーターズさんに改善してほしいなと思いました.

サイバーエージェントダッカソン

AbemaやらCygamesやらたくさんの会社を含むグループ企業です.

ダッカソンの内容は与えられた仕様書とともに一日でゲームを開発し完成度(仕様書にどれだけ沿っているか)を競うものです.

参加の選考は書類+オンライン面接でした.面接でその場で合格を貰ったのでスピード感にはビビりました.他の参加者はエイチームと同じく大学/大学院生や専門学生で高専生はいませんでした(最年少弄りが再び始まる).

www.cyberagent.co.jp

こちらも詳細は書けませんが2Dのゲームの仕様書と素材を渡されUnityで一から実装するというものです.たまたまエイチームと対になるようですが,「純粋な実装力」が求められます.参加者全員同じものを作ろうとしますがどんな実装でもいいため終了後に「〇〇の部分どうやって作りました?」と会話ができるのが面白くていいなと思いました.

結構自分が得意なルールかな?と思ってたんですが普段3Dをしてる私にはUnity2Dは途中途中学習時間がかかってしまい,その上thinkpadのバッテリーが定期的に切れる等トラブルで上手くいかず終了しました.入賞はできなかったんですが参加者全体からすれば良いほうだったみたいです.

懇親会やエンジニアの方のLTもあってめっちゃ楽しかったです.

嬉しかったことは自分の作ったUnityの技術同人誌をUnityエンジニアの方に見ていただけたことです.プロ(本職の意)の人に見てもらえるって滅多にないことですし,「良いと思うよ~」と感想頂けたのは自信にも繋がりました.


会場となった「精神とテクの部屋」


入賞者の賞品

f:id:tomy0331:20190324221522j:plain
集合写真

まとめ

色々な企業に実際に訪問したり現場のエンジニアや学生と交流して就活の視野が広まったと思います.そして感じたことは,「高専の枠を出る(≒大学生がいる場に飛び込む)」ことで新しく見えてくることもあるのかなということです.周知の事実ですが高専は閉鎖的な上学校から来る就活案内も雑です.

それと失敗するのか成功するのかは別として,就活が受動的か能動的かでその後仕事に納得できるかという心理的な部分でも影響してくる気がします.なんとなく入社するより自分の意志で入ったほうが多分辛くなっても納得ができると思います.

真面目な話をしちゃったので今日は寝るまでapexのロボット君の「モザンビークヒア」のモノマネの練習を続けたいと思います.

 

[おまけ]宿泊について

一日目:羽田空港国際線ターミナル5F イス
二日目:ネットカフェ「自遊空間
三日目:アパホテル(サイバーさんが用意してくれた(神))

 

空港泊の話をしたらモバファクの人事の方に引かれました(それはそう).
周りに当たり前に空港泊したりカンファにテント持ってきて野宿もするオタクがいるので何気なく話してた・・・・・・・・・・

ネカフェ初めて行ったんですけど人権集中豪雨ですね.カプセルホテルの意義が無くなるじゃん.

 

codesprint meetupで逆求人した話

こんにちは,明日は経済学,ネットワーク構成論,数値計算法の試験があります.数値計算法は70点取らないと再試ですよろしくおねがいします.

そんな中(そんな中とは?),先日codesprintという就活マッチングサービスで逆求人型のイベントがあり東京に行ってきました.内容的にどうしても意識高めの記事になってしまいそうなのはご了承ください 🙇

codesprintとは?

エンジニア向けの就活支援サービスで,開発・ゲーム/エンタメ系・AI/ディープラーニングなどカテゴリごとにイベントを定期的に行っています.

codesprint.jp

友達の誘いでとりあえず登録してみるかとスキルシートも一緒に書いたら翌日電話が来たのでびっくりしました.
他にサポーターズという同じようなサービスを登録しているのですがそちらはメールが定期的に来るだけなのでスピード感があるなという印象です.(僅かに怪しさを感じなくもなかった)

Game&Entertainmentのイベントが3/10にあり申し込みしていたのですが,電話で「2/9にぜひ来てほしい(IT業界は内定早いので)」と言われたのでそちらに参加することにしました.

交通費は2万円支給されるので遠すぎない人は行っていいんじゃないでしょうか.僕は時期的に飛行機取りにくくて赤字でしたが福岡でも早期に予約してガチればLCCで黒字行けると思います.

イベント概要

流れとしては

  1. 企業説明
  2. 学生の1分自己紹介
  3. 昼休憩の間に企業が面談オファーを出す
  4. 企業との個別面談(30分)を計7ターム

という風になっています.企業側には事前にサイトに登録したスキルシート,自己紹介データが渡されています.

今回の参加企業は

となっており,知っているコンテンツを作っている会社も多いのではないでしょうか.※括弧内は主要タイトル/サービス
本当はカプコンとトライフォートも来られる予定だったのですが担当の方がインフルだったようです,残念.

本編

オタク,入場

会場は目黒にあるドリコムさんのオフィス,セミナールームで,バーが併設されてたり社員さんが休憩の時に遊ぶゲーム(プレステやスイッチ,VRボードゲームなど)がありました.

 

自己紹介で判明したのですが,参加学生15人のほとんどが大学・大学院生で高専生は北九州2人とあともう一人のみでした.高専生のみの集まりに来ることが多かったので緊張しました.

大学生の方には高専トークで盛り上がるのでいいですね.高専は認知度が低いので制度の話から入り留年で終わるという感じです.コミュ障高専生は環境の異質さに感謝し積極的に高専トークしましょう(?).

面談

そして肝心の面談ですが,本当にありがたいことに7ターム中全枠埋まるオファーを頂きました.

面談では事前に運営さんから支持された「自己紹介・経歴,スキル,開発物,就活の軸」の構成のスライドで5分自己紹介をしてその後お話するという形です.

どの企業の方もラフで話しやすく自分の伝えたいことを親切に汲み取っていただきました.

このcodesprint meetupは単なる逆求人型イベントではなく,自分のフィードバックを得て就活力を上げるという目的なのがとても良かったですね.

お褒めの言葉をいただいたのは「スライドの構成とデザインがいい」「話し慣れているように感じる」「やりたいことが素直・明確で説得力がある」などで一方で就活の軸の部分で「最終的にどう会社に貢献できるのか」「どう活躍したいのか」が分からないというご指摘をいただきました.

就活の軸のところでは一つ挙げると「勉強会やセミナーなどエンジニアの方のアウトプット文化が盛んで積極的」ということを言ったのですが,自分の「これがしたい」「こういう環境がいい」という部分ばかりでなぜそうしたいか,どうなりたいかという部分が不明瞭でした.

スライドを見返すと確かに自分中心な構成でその先に何があるかというところをしっかりと言語化しないといけないあと感じて意識がウラル山脈になっています.ちなみにヒマラヤ山脈じゃないのはロシアが好きだからです.

余談

面談の中で好きなゲーム聞かれることが多かったのですが,(これ他社のゲーム言ってええんか・・・?)(王道なところ行ったほうがいいか・・・?)とか思っちゃって「ええと...小学生の時はポケモンとかァ...マリオとかァ...」って変なオタクになっちゃいました.そんなことなくて社内でエンジニアの方とか他社のゲーム普通に遊んでるみたいですね.lolの部活あるとか聞いてlol(後者は英語圏の笑のlol)です.

ちなみにコーエーの方にはしっかり「戦国無双で歴史オタ入りしました」という旨を伝えておきました本当にありがとうございました.

最後に

今回のイベントで何度も自分のことを話し面談,フィードバックを頂くことで自分の足りないところを気づくことができました.逆に自分の成果物に対しては評価いただき自信を付けることができました.

codesprint運営の方もイベントまでに何度もチャット,面談で丁寧に準備していただきありがとうございました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わると思った?楽しい空港泊のお話

 本当は日帰りのつもりが東京で雪が降りだしてスターフライヤーのお姉さんに「天候悪化で欠航になる可能性があります」と言われたので無料で臨時の便切り替えで翌日に変えました.昼はかなり降ってたんですけど夕方は止んでてなんか普通に就航してました.

しかし臨時切り替えは解除されて戻せないため一晩泊まる必要があります.

そこで空港泊!!!

羽田空港国際線ターミナルは24時間空いており無料Wi-Fi,電源供給スペース,暖房,警備員の人など人権フェスティバルです.5解の隅のソファで陣取りリュックを枕に寝ました.念のため100均の鍵もチャックに着けてたので万全です.

都心から空港まで京急線やモノレールがあって数百円なので空港に用がなくても東京に行った人は宿泊施設という観点で泊まりに行くのはどうでしょうか.お金が節約できておススメです.強いて言うなら腰が少し痛くなりました.

 

あと帰りの飛行機の景色がきれいでした

 

 

就活頑張りたいですねと締めたかったけど明日の試験をまず頑張らないといけません.試験勉強せずにブログ書いてるのでどうしようもないですオワオワリ

高専キャリアで登壇しました

はじめに

あけましておめでとうございます.新年からいきなりイベントに参加してきました.

第二回専キャリア全国大会というイベントです.

高専キャリアとは

高専キャリアは,高専キャリア教育研究所というところが運営している,全国から集まる進捗を出す高専生/卒業生によるプレゼンテーション大会です.

1月5日 六本木ヒルズクロスポイントにて開催されました.
参加対象は進捗が出ている高専生/卒業生.
なんとプレゼンをすれば交通費が全支給でした.

12月ぐらいにツイッターで流れてきてTLの人々が参加登録していたのですが,サイト見たらビビりました.

kosen-zenkokutaikai.strikingly.com

えっめっちゃつよつよやん・・・

「起業とかコンテスト優勝とか怖い人ばっかりでこんなの(逆の意味で)浮いちゃうやん」ってのが最初の印象でした.
今プレゼンター一覧を見たらツイのオタクのアイコンがいて緩和されてるんですが,最初は見るからに意識バリバリウラル山脈な高い強い人たちばかりでした.

その時点で怖気づきやめようかと思ったのですが,ケヴィン君が「行かないより行って後悔したほうがいいし恥かきに行こうぜ」みたいなこと言ってて参加決意しました.彼は凄いです.

 

準備

プレゼンは5分(最初は7分だったが参加者多数で変更)でかなり短く,いかに時間内に簡潔にまとめるかが難しかったです.

前々日にスライドを完成させ,前日はひたすら時間配分の確認も含め発表練習をしていました.
最初は5分30秒から5分00秒あたりを行ったり来たりしてたんですが,次第に4分50秒あたりに収束できることができました.

当日

会場へ

5:30起きです.バスに乗って北九州空港に行き8:45発で羽田へ飛び立ちました.
途中,飛行機から遠くに富士山が見えました.何気に肉眼で拝むのは初めてです.今日一日頑張るぞいという気持ちになりました.

東京に着いたらのんびりご飯を食べる時間もなく,コンビニでおにぎりとパンを買い会場の六本木へ向かいました.

オタクとのエンカウント

会場ではすでに何人か来ていて、見渡すと「あ、あれはhsm_hxだな」って人が後ろのほうで徘徊していました。

あとケヴィン君に会ったら(顔はフリー素材なので初対面でもわかる)初手抱き着かれたので今年は悪い年になるなと思いました(

ほかに夏のインターンでお世話になったjig.jpの方,jigインターン生はヤマゲン君、エスパーさんがいたので感動の再会です。なお来週また大阪の新春カンファで会う模様。

f:id:tomy0331:20190106210022j:plain

イベント開始

最初にファイヤーサイドチャットというものがあり壇上でキャリア議論がありました.Yahoo!のしおみさんが壇上でツイッター呟いているのが面白かったです(小並感).

その後,進捗プレゼンタイムとなり次々と発表されます.

最初に接続テストがあったのですが,その時運営サイドはtypeCかHDMIかの話をしている中Thinkpadオタクらが凸って前時代言われてたのが面白かったです.

登壇,発表

恐ろしいことに僕は2番目で,緊張もしていたんですが逆に早い段階で緊張から解放されると思ったらその緊張自体が緩和されました.

下が発表で使ったスライドです.実際は一部アニメーションを活用しています.

 

タイトルからかなりイキってるしクラス展示金賞も実際は僕のゲームのみの結果じゃない(偏向報道!)のですが5分という短い時間内の発表なのでシンプルにしました.

デザインはちゃんと勉強できていないのでもっとうまくなりたいですね.

ウケ狙いの部分は笑ってくれて,ゲームの成果部分は「すごい」という声が飛んだりしていて自分としては満足いく発表になりました.

 完全にこれでオタクの僕はスクショもしっかりとっておきました.

f:id:tomy0331:20190106212259p:plain

f:id:tomy0331:20190106212312p:plain

発表中のぼく

 

怒涛の進捗発表

自分の発表もあっという間で次から次へと発表があります.

技術の話からその技術を学ぶため,産むためのノウハウなど幅広く聞くことができました.

個人的にてぃあさんと留年生テシマの発表が好きでした.

多くのプレゼンターがブログも書いてくれています(漏れがあったらすみません).そちらもぜひ読んでみてください.

nomunomu.hateblo.jp

ymgn.hatenablog.com

note.mu

note.mu

kubokubokun.hatenablog.com

ryu-kan.hatenablog.com

感想

よかったこと

 たくさんの分野の話を聞けたこと.情報系のみならずロボコニストや起業家,キャリアの話など自分の知らない部分の進捗を知れるのは刺激的でした.

ツイッターでの実況.良くも悪くも素直な意見を見れました.高専生の生態にあっていると思います.

多くの人と触れ合えた(ほんまか?).休憩時間名刺交換会が起きたり,学校でAndroidの開発演習授業がある話したら思いのほか飛びついてくれた方が多かったりと色々な方と交流できました.

発表時間について

交通費出してもらってイベントも大満足で意見を言うのも恐縮なのですが,発表時間をもう少し厳しくしてほしかったなと思いました.制限時間5分という形で準備していたので,超えてしまったらズバッと切っちゃって良いと思います.限られた時間で発表するのもスキルの一つなので.次回がありましたらぜひそうしてくれると嬉しいなと思います!

おまけ

帰りの時,六本木から大門駅へ,モノレールに乗り換えて羽田に行こうと思っていたんですが,駅の警備員のおっちゃんに「泉岳寺のほうがいいよ.この切符ね」って謎の切符を買わされました.田舎者なので「大江戸線に行ってね.この改札は違うけどホームそのまま進んだらまた改札あるからそこで切符通してね」とか言われても混乱して頭から飛びます.飛んだのでこの発言も正確ではないです.

 そして完全に六本木駅で迷って結局東京メトロに乗りました.大門降りたら浅草線に行って羽田直通があって安心しました.(そのあと清算した)

 途中クボ太郎君がエスカレーターで財布ひっくり返したり完全なカンで進んでいたので心配しましたがどうにかなりました.

 こういうことみたいです.僕は何々線とか言われてもわかりませんが.

f:id:tomy0331:20190106224952p:plain

図1:ぼくのそうぞうしていた東京

f:id:tomy0331:20190106225105j:plain

図2:現実

 

情報系高専生のFE試験対策

はじめに

高専の情報系学科に所属する人間の個人的主観です.
この記事の文章には全部語尾に「知らんけど」が実はついています.
「それはそう」な当たり前のことを書いているかもしれませんが,FE試験を全然知らない後輩などに向けた記事なので,有識者は見逃してくれると幸いです.

FE試験(基本情報技術者試験)とは?

IPA(情報処理推進機構)が提供してる国家資格である情報処理技術者試験の一つで,スキルレベル2に該当.

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

ちなみに,スキルレベル1のITパスポートは簡単な上,「高専卒」の称号よりショボいと言われるぐらいの資格なので取るならFEからが推奨

また,FEの勉強してたら顧問の先生に「勉強しなくても取れて当たり前」と言われたので,自信があれば応用から受けてもいいと思います.実際,応用から受けている人も周りに結構いました.ぼくは無理ですが

勉強前に見たサイト

h-sby.hateblo.jp

h-sby.hateblo.jp

僕は試験勉強を始めたのが2週間前で「やべえ」と思いながらググってました.

勉強法

基本的には上に載ってたことと同じです.この記事では情報系高専生なら「ここはスルーしていい」「ここは注意」みたいなことを書きたいですが書けるかわかりません書きます.

午前対策

どのサイトにも「とにかく過去問を解きまくる」とありますがその通りです.
では,大まかな流れを説明します.

  1. テキスト(対策本)をサラッと一通り読む
    この時,既に知っている分野が割とあるはず.分かるのは飛ばして良い.
  2. 午前試験の過去問を一度解いてみる
  3. 答え合わせをして,わからなかった単語や文説明を紙に書くなどして覚える
  4. 2~3の繰り返し.理解が出来なかったらテキストを読む.
1.テキストを一通り読む

 まずはどんな内容が試験に出るのかを確認します.

私目線で以下に難易度が高かったり勉強の時間がかかる分野を赤,逆に既に授業で扱っていた(情報学科4年秋時点),理解するのが簡単など比較的難易度の低い分野を青で表しました.
分類は基本情報技術者の出題範囲|基本情報技術者試験.comから引用.

  • テクノロジ系
    • 基礎理論(数学,ビット・倫理演算,情報・通信理論など)
    • アルゴリズムとプログラミング
    • コンピュータ構成要素(CPU・メモリ・バス・入出力装置)
    • システム構成要素
    • ソフトウェア(OS・ミドルウェアファイルシステムなど)
    • ハードウェア
    • ヒューマンインターフェイス
    • マルチメディア
    • データベース(データベース方式,設計,捜査,トランザクション処理など)
    • ネットワーク(ネットワーク方式,通信・制御,通信プロトコルなど)
    • セキュリティ(情報セキュリティ,セキュリティ技術評価・対策)
    • システム開発技術(システムやソフトウェアの要件定義・方式設計,構築・結合・テストなど)
    • ソフトウェア開発管理技術(開発プロセス,知的財産適用管理・構成管理など)
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント(なんちゃらマネジメントがいっぱい)
    • サービスマネジメント(サーボスの設計/移行,プロセス・運用)
    • システム監査
  • ストラテジ系
    • システム戦略
    • システム企画
    • 経営戦略マネジメント
    • 技術戦略マネジメント
    • ビジネスインダストリ
    • 企業活動
    • 法務

テクノロジ系は技術的な内容で,前半は知ってることが多かったです.
進数変換の計算やコンピュータアーキテクチャなど弊学科では「システムプログラミング」「情報基礎」などの授業で扱っていました.

一方で大変だったのがシステムの要件定義や設計,開発プロセスなどで学校では一切やってない上やたらと暗記が多い分野です.どれくらい面倒か書きたかったんですけどもう内容忘れたんで書けません.

マネジメント系は理解はできるんですが暗記が多いです.テキスト読めば「なるほどね」って分かるんですが試験で「○○はなに?」って出されても「これはなに?」ってなります.要するに覚えましょう.
ただ,システム監査だけはあまりに簡単で「それはそう」としか感情が生まれませんでした.こんな感じの問題です↓

問:システム監査人の独立性が保たれている状況はどれか

ア:営業部門の要員を監査チームのメンバに任命し,営業部門における個人情報保護対策についての監査を行わせる.

イ:監査法人からシステム監査人を採用し内部監査人に位置付け,社内のシステム開発についての監査を行わせる

ウ:システム部門の要員を監査部門に異動させ,システム部門に所属していた時に開発に参加していたシステムの保守についての監査を担当させる

エ:社内の業務システム運用を委託しているITベンダの監査部門に依頼し,社内の業務システム運用についての外部監査を担当させる.

なんかまったく監査について知らなくてもなんとなくわかりますよね?(答え:)

 ストラテジ系は計算だったり法律,経理関係です.マネジメント系ほどではないですが暗記があります.雇用形態や著作権など,法学の授業でやってたので良かったです.

 

2.午前試験の過去問を一度解いてみる

とにかく解くのがいいです.ちなみに僕は過去6回分遡る形で解きました.一応全部合格点(80問中48問)は取れていて,最新試験の50問から遡るごとに伸びて,最後には67問解けていました.そして二,三週目でほぼ全問正解しているのが理想です.

午前問題を解くのにめちゃくちゃいいアプリがこれ!!!

play.google.com

分野ごとや自身の正解数での絞り込み機能や,2回連続で合った問題は除外するなど効率よく勉強できるアプリです.

3.答え合わせをして,わからなかった単語や説明を紙に書くなどして覚える

スマホでアプリを開きながら解いて,間違ったら紙に単語と意味をまとめてました(適宜テキストも見る).下の写真は勉強で使った紙です.


図:あたまのわるいべんきょうほう(裏もあるよ!)

僕は無心で勉強したかったので脳筋手法でした.まあ勉強法は人それぞれなのでこんなことやらなくてもいいです.

午前対策はこれの繰り返しで4~5日やっていました.どちらかというと午後のほうがヤバイので午後に力を入れるべきです.

午後対策

Q.午後はどんな問題なの?

A.こくご+αです

+αといっても,+αは普通にアルゴリズムやプログラミングの知識が不可欠できちんと対策しないといけません.とはいってもベースはこくごです.高専生にはダメですね.

詳細は他サイトで出るので割愛しますが,必須問題と選択問題があります.
必須問題で逃れられず,対策が必須なのがアルゴリズムプログラミングです.

プログラミングはC,COBOL,Java,アセンブラ,表計算から選択できます.
他サイト(未経験者向け)では表計算がオススメされることが多いですが,情報学科の人間なら普通に好きなプログラミング言語でいいと思います.僕はCにしました.

他セキュリティやデータベース,ハード・ソフトなど選択分野がありますが,これらは午前問題をしっかり解いていれば長文を読む気力さえあれば解けると思います.

個人的オススメはハードorソフト,データベース,ネットワーク,マネジメント,ストラテジです.マネジメントとストラテジは午前では暗記が多いせいできついんですが,午後では小中学生レベルの算数と長文国語要素を解かされることが多いです.

過去問は午前と同じく過去6回解いて,ギリギリなラインでした.採点してると「やっぱ問題ちゃんと読むかどうかだなあ」って感じたので国語です.

勉強時間について

上に乗せた「二週間で合格する方法」には100時間(一日約7時間)の勉強が必要,とあって一日6時間を目標に最初は真面目にやろうとしてたんですが徐々に「あれ?スケジュール的にどうにかなりそう」ってなって試験2日前は0時間,前日に3時間とかなってました.

勉強法はポモドーロ勉強法というものをしています.やる気が途切れにくくかなりおすすめです.ちなみに勉強だけでなくコーディング作業などなんにでも使えます.

akirako.jp

f:id:tomy0331:20181228011958p:plain

ポモドーロタイマーのFE試験勉強機関の記録ですが,だんだんと少なくなってますね…合計時間は50時間でした.21日が試験当日です.

その他アドバイス

  • 受験登録の支払いは忘れないようにしましょう.僕は締め切り当日に焦って出先で振り込み,手持ちの金がなくなって人に借りるなんてことをしてしまいました.
  • 当日朝は余裕をもって起きましょう.基本情報技術者試験の0次試験は起床情報技術者試験です.前日寝た時から選抜は始まっています.
  • 受験票を忘れないようにしましょう.フォロワーに応用情報受験票忘却試験に合格して試験を受けられなかった人がいます.
  • 精神的猶予を持てるぐらい勉強しといたほうがいいです.僕は午後が合格できるかギリギリなラインだったのでTwitterで素振りしてました.

さいごに

対策の記事というより僕がどんな勉強したか紹介しただけみたいになってしまいました.まとまりもしっかりできず申し訳ないです.試験に臨む人は絶対他の記事も見てください.

そして余裕を持った勉強をしましょう.僕は2週間でしたがほんとは1~2ヵ月前からするべきです.夏休みにFE試験勉強するぜ!って言いながらテキストをインターンの時持って行ったんですけど料理にはまりました.???

最後は結局自分の実力です.合格率が2,3割ですが専門学校などで強制的に受けてる人も多いらしく,会場で僕の隣の席の人は明らかに勉強しておらず午後いませんでした.ですのであきらめず臨めば受かるはずです.

春には応用情報を受けたいなと思ってます.ぐんとレベルが上がるらしいですが,なんと合格すると校長と写真を撮れるらしいです.撮らなくていいですが.

おまけの受験結果

午前78.75点,午後70点で合格していました!
自己採点をして,午後選択のデータベースが0点でやべえな,って思っていたんですが他の分野で結構取れてました.
ちゃんと速報見て自己採点したはずなのに自己採点より高いのはよくわかんなんです.

 ↑自己採点

 

そして一か月後ほどに合格証書が届きました.

 

感想:試験が午前と午後あるって普通に疲れる